引越し 梱包 緩衝材

段ボール箱に詰め込むなら…これが必要!

引越しや宅急便の梱包で欠かせないもの、かつ、準備を忘れがちのもの、緩衝剤。ダンボールだったら、「あ、必要だから用意しなければ!」と思いつきやすいのでは。ダンボールに詰め始めてから「あ、これって、何かやわらかいものがないと壊れそう」とか、食器を梱包しようとして初めて「これ、包まないとまずくない?」なんて気付いたりすることもあるのでは?

 

段ボール箱に梱包

 

引越し業者に引越しを依頼すれば、ダンボールなどと合わせて、緩衝剤もいろいろと提供してくれます。引越しの梱包でお勧めの緩衝剤。

 

まず食器を包む紙。食器や化粧品や小さなもの、割れ物を包むための紙です。新聞紙でも代用できそうですが、新聞紙だと食器を汚してしまいます。業者によって呼び方が異なりますが、一般的に「食器紙、クレープ紙、ハニー」などと呼ばれているようです。

 

フォークやお箸などもこれにまとめてくるめば便利です。ただ、ダンボールの隙間をうめるような緩衝剤として使うなら、新聞紙やチラシでも充分かもしれません。

 

ただ、食器、包む作業も紙も面倒ではありますが、やっておいて損はないです。包むことで破損する可能性をだいぶ低くできますから。

 

それから、プチプチ(エアーパッキン)もあると良いです。これはテレビやレンジ、小さな電化製品や大きなお皿などを包むのに使います。自分で適当な大きさに切って使うこともできますし、緩衝剤としても便利。ホームセンターなどに売っていますよ。業者に頼むにしても、宅急便で荷物を運ぶのでも、あると便利なアイテムです!