クロネコヤマトで破損や紛失があった場合

宅急便で、保険が支払われる条件と金額

コールセンターのイメージ画像

 

日々安心して利用しているクロネコヤマトなどの宅急便ですが、万が一破損・汚損や紛失となった場合はどうなるのか、ご存じの方はそんなに多くはないのではないのではないでしょうか。とくに、引越しで宅急便を利用される方は、高額な家電や家具も含まれる場合もあるかと思います。

 

そこで、この記事ではネットでの体験談から見る配達など故時の対応や保証となる条件などを紹介したいと思います。

 

まず、破損・汚損の場合ですが、こちらは比較的スムーズに対応してもらえることが多く、サービスセンター等へ連絡後、保険の対象となるかどうかの審査後がありますが、短い場合には1週間ほど、長い場合も2ヶ月ほどで購入時の金額の返金や同じ商品との交換などの対応となるようです。

 

保険の対象となる条件としては、出荷前の梱包に不備はなかったか、荷物の金額が30万円を超えるものでなかったか等で、クロネコヤマトや佐川急便などそれぞれの宅急便の利用約款で定められた内容に沿った荷物なら比較的スムーズに審査が下りると思われます。

 

次に紛失の場合ですが、こちらは紛失と確定するまでにかなり時間がかかる場合も多く、1ヶ月たっても紛失かどうか分からないというケースもあるようです。紛失と確定してからは破損・汚損の場合の対応とだいたい同じで、返金や同じ商品での交換などの対応となります。

 

ちなみにどちらの場合もクロネコヤマトなどの配達会社との契約者は荷受人でなく荷送人となるため、万が一配達事故に遭った場合は荷送人にも連絡を取っておくと対応がスムーズになるようです。

 

なお、実際の対応は個別の条件によって変わりますので、あくまで参考となります。